ウイルス性胃腸炎…かも

なっちゃん、5日前から発熱と下痢が続いています★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
熱は下がったり上がったりを繰り返していますcoldsweats02
卒園前でお別れ遠足、お茶会、社会見学などなど…行事が目白押しで
本人は行きたがるけど….。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日の夕方くらいから私もお腹の調子が…なんか変sign02
職場のお隣さんが、ウイルス性胃腸炎だそうで…
私にうつしたのは、どっちsign02

インフルエンザ休養

ちょうど1週間前の土曜日です。
何だか熱っぽくて調子悪いなーと思いながら過ごして次の日。
寒気で体中がガクガク…。
我慢できずに頓服で熱をおさえながら何とか月曜日をむかえました。
朝一番で病院に行ったら…・゚゚・(>_<;)・゚゚・なんとインフルエンザ!!
ガーンなんでじゃ〜ワクチンしたのに…
この上、家族にまでうつると大変なので朝から晩までマスク。
(寝るときまでしてました)それとしつこいくらいの手洗い。
人にうつす可能性があるという7日間がようやく終わりました。
 薬は、タミフルかリレンザ、どちらにしますか?と聞かれ
効き目はほとんど変わらないと言われたのでリレンザにしました。
処方箋をもらって薬局にだすと、『ん〜やっぱりタミフルはいやですか〜』
『タミフルのほうが絶対に効きますよー』…先生は効き目同じって言ったのに〜。
と心の中でつぶやきつつリレンザの使用方法を教わって帰りました。
リレンザはブリスター(粉末)ですが、専用の吸入器で吸入します。
味も特にないし、思ったより簡単。私には十分効き目ありました。
症状が出てすぐに使い始めるとよく効くみたいです。
今週はお陰で仕事も休んでゆっくり休養させてもらいました。
インフルエンザの人は、ちゃんとマスクをしましょう。
もう誰も私にうつさないでちょうだい!!

人工股関節手術〜MIS

少し前に、とくダネ!で最小侵襲手術(MIS)について特集をしていました。
できるだけ小さな傷で手術を行い、体への負担を少なくして早期の社会復帰を目指すというものです。
私の母は、もう何年も股関節の痛みに悩まされています。
一応、病院には通っていますが痛み止めを飲んでだましだまし生活しています。
今手術をしても、年齢からいって将来もう一度手術が必要になるのではないかと言うこと。
それと術後、社会復帰するまでにしばらくかかるだろうという思いからなかなか手術には踏み切れないようです。
とくダネ!では、医療はどんどん進歩していて最近ではMISにより、従来15〜20cmの傷を必要としていたものが6〜8cm程度の傷になり、入院期間もとても短く済むらしいです。
でも難しい手術なので、十分な設備と熟練した医師でないとできないということで全国でも導入している病院はとても少ないようです。
第一人者である札幌のDrのところは、8ヶ月待ちらしいです・゚゚・(>_<;)・゚゚・
もう少し、近いとよかったのにな〜。
なかなか私たちの勧めにはのってくれないのですが、手術を受けて痛みがなくなれば行きたいところへも、もっとどんどん行けるのにな〜

今、欲しいもの♪〜脳脊髄液減少症に悩む子供たち

バック、服、アクセサリー…同年代の子供たちが、今欲しいものは?と聞かれて答える物はこんな感じ。
でも、ある一人の少女が答えたのは、健康な体…。
先日、テレビで“脳脊髄液減少症”について特集をしていました。
最近よく耳にするこの病気。
交通事故やスポーツなどによる衝撃で脳をおおう硬膜に穴があくと、
脳と脊髄の周囲を循環している脳脊髄液が漏れて脳の位置が下がり、
頭痛やめまい、吐き気などの症状が現れるらしいです。
この病気だと診断されるまでに、精神科に何年も入院させられたり、
周りからの心ない言葉に傷つき、心の病に陥る子供たちもいるそうです。
原因さえわかれば、病気に対する処置もできるのでしょうが…。
この少女の場合は、学校で友達が蹴ったボールが、たまたま頭に当たり
その頃から、頭痛や記憶障害が始まったそうです。
自分たちの子供に起こっても不思議ではないこの病気…
どこまで子供たちを守ることが、できるのでしょうか?
最近、起こるさまざまな事件を含めて、考えさせられる今日この頃です。

  

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ